2016年04月28日

海の底のボクサー

マンダラ2に初めて出演したのは
1999年12月でした。
初めて作ったアルバム「バニラのレイプ」の発売後のライブでした。
この時から浅井さんがほぼずっとPAでした。数年前その浅井さんはご実家の長野に帰られました。
マンダラ2の音響は素晴らしく、歌い手の立場からすれば理想的で、全ての小さなつぶやきや吐息も表現として成立させてくれる安心がありました。反面レコーディングしているみたいなひりひりさと、心の声まで見透かされる怖さもあったけれど、私はそれが好きでした。青い海の底で眠りながら唄うような気持ちよさでした。寝言もあったかもしれませんね。

浅井さんは、以前話しましたが、若手の育成がスパルタでもしかしたら時代的にはあってないのかもしれませんが、ものすごく愛情深い方だから、なんだか私はボクシングのコーチみたいだなあと思っていました。ひとりの惚れたボクサーを育てるみたいな。

浅井さんがマンダラ2を去られ、あのPAではもう唄えないのだなとさみしさでいっぱいのまま港ハイライトのライブを迎えました。

引き継いだPAさんはこれまでサブ的に音やあかりを作ってくれていた青年でした。彼はからだが細くて顎もしゅっとして、いつも半袖のTシャツでなにより、声が爽やかで言葉も丁寧で素直な笑顔をいつも見せてくれる方でした。よく浅井さんがPA卓の向こう側ですこーしノリノリにディレイ飛ばしたりするのが私は好きで、その青年もそのそばですこーし嬉しそうにからだを揺らす姿をみたことがあります。

私はマイクの指定はありません。そこの方がえらんでくれた、すなわちこの空間のこの声にはこのマイクと判断した結果だから。そうじゃない適当なライブハウスもあるけれどね。。自然に縁がなくなりました。

浅井さんはいつも同じ黒いマイクを
私の前に用意してくれました。
そして、その青年もしっかりと引き継いで、だまって同じマイクを用意しました。このときの嬉しさを私はわすれません。

本番の音は浅井さんがレコードみたいで、青年はCDです。わかりやすく言えば。
私は昨年初めてレコードとCDをリリースしました。このときにアナログとデジダルな音についてたくさん感じたことがありました。レコードを聴いた世代ですからCDが現れたときのビビッドな音のキラキラ。どきっとした記憶。レコードは生々しさはあるものの聴き慣れた音、安心感の中にみつけるどきどき。どちらにしてもどきっとする音楽やことば。私の好きな音楽はそれです。だから、レコードもCDもリアルな世代の私は贅沢な世代です。そしてどちらも好き。アナログはあったかい、デジダルは冷たいなんて感じたことがないのです。そんな違いを浅井さんと青年のつくるPAに感じました。港ハイライトにはもしかしたら青年の作る音がおもしろいかもなあと思いました。

昨夜マンダラ2に青年の弾き語りをふらりと聴きに行きました。お客様は4人でした。

青い海の底に置かれたグランドピアノの前で青年はうなだれ祈り、Tシャツに裸足のボクサーのようでした。

次の瞬間、
夕暮れまで無邪気に泳ぎまくり、生温い風でそのシャツを乾かしながら唄う青年。時々からだにくっつくのがきもちわるくて、からだを揺らしマイクのしたをくぐったりからだを拗らせたりして一生懸命うったえていました。もっとこうしたい、もっとこうなりたい、もっとうまくなりたい、もっとやさしくなりたい、もっとお金が欲しい、もっと時間が欲しい、もっと愛したい、もっと愛されたい、もっといいうたがうたいたい。もっと自由になりたい、もっとおとなになりたい。

6E7EBF91-0508-40DC-9011-344CE5442D69.jpg







posted by ノラオンナ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

2016年4月21日 詞集 君へ ノラオンナ50ミーティング 後記



すべての出逢いはひょんなことだった。


1999年自主製作でリリースした
「バニラのレイプ」
今のように誰もが手軽にCDを作って発売する時代ではなかった。
私は電話帳をめくりCDをプレスしてくれる会社を探した。とりあえずデモテープを送って欲しいというのでDATを送った。するとすぐ電話がありうちでお金を出すのでCDを作らせて欲しいと言われた。とりあえず会いにいき話を聞いた。わるいはなしではなかった。今思えば有名ミュージシャンのプロデュースも手がけていたり所謂、インチキなんかじゃなかった。この手の話はその後もたくさんありその度に私はピンとこなくて、どんなにいい話をされても

是非お願いします!
とは言えなかった。

私は自分で自分の作品をプロデュースしたかった。初めて出すものだからこそ。

ちょっと話はそれたけれど
実はそれてもいない。

その頃から私は音楽の広がりのイメージがはっきりとあって、
あるひとにあった瞬間そのひととの関わりを深く考えた。
この人とこんな会話をして
こんな風にみつめあって、
笑った顔をみたら、
きっとこんな音楽が生まれるだろうなあとひとり勝手に妄想するんだ。

だからそこから音楽家に恋をしたような感覚になる。肉体的な繋がりなど微塵ももとめないし、寧ろいらない。音を共有する瞬間にその恋心は爆発する。



私は音楽に恋している。

ノラオンナ


「恋した音楽家たちへ」

ワタナベエス

田辺玄

柿澤龍介

藤原マヒト

見田諭

おきょん

ほりおみわ

森ゆに

古川麦


みんな誰に紹介されたとかではなく、ひょんなことで出逢った。

BDDE723C-8D4C-41A6-A868-8A363D9157AB.jpgナベさんは蒲田のスタジオ80セッション大会でベースを弾いていた。よくある出逢い。私はナベさんのちょっと暗ーい雰囲気に惹かれた。あんな楽しそうにベースを弾くのになと。それともうひとつ、肌がピカピカだった。ライトがあたるとかっこよかった。今もピカピカでかっこいい。ありがとう。

F4CC283E-5A26-4163-9EFF-03D4C7ACC6A9.jpg玄くんは19歳だった。
今よりからだがでかかった。がっつりして任せられるムードを既にもっていた。キャメルの音楽はまだ試行錯誤だった。玄くんはがっつりしていた。今もがっつりしている。頑固だし。でも私の期待を裏切ることは一度もなかった。いま私が次々に新しい作品を生み出せるのは玄くんの音楽への愛と希望とそして、慈しみだ。がっつりした。ありがとう。

5766294C-329D-426F-BDD2-871F88384B59.jpgかっきーは何を考えているのかさっぱりわからなかった。私のこときらいなのかなあと思っていた。トルネード竜巻のイベントにいきなりゲストで呼ばれ、なんで呼ばれたんだかわからなかった。なのにきがつけばノラオンナのドラムスはかっきーしかいない。ちょっと他はわからない。きがつけば好きになってた男みたいな。私の音楽をもしかしたら一番わかってるのかもしれない。ありがとう。

024616FA-3545-459A-9F85-CC3ABF8C8F2D.jpgマヒーはのんでばっかり。もうほんとにからだには気をつけて。線路に落ちないで。とにかくマヒーのピアノもアコーディオンもベースも好きなんだから、遅刻して迷惑かけられてもそれでもノラオンナには藤原マヒトが必要なんだから。たぶんお互い死ぬまで音楽するんだからお願いします。からだを大切にしてください。ありがとう!


07D86F65-B5CC-4891-BE2F-3482268125D8.jpgみたくん
ノラオンナはウクレレ界のジスモンチと彼はいったけど。なにそれ?モンチッチと私が返せばものすごい呆れ顔。みたくんのギターがあまりにも素晴らしくていっしょに演奏することが毎回楽しくてドキドキして、デート気分だった。リアルデートどころか握手すらしたことがないと気づいたのは銀ノラだったかな。お客様にえー!握手もない?と驚かれるくらい演奏中あんなに燃え上がったのに終わるとあっさりしたもの。それがたぶんいつまでも馴れ初めを忘れないはにかみなんだとおもう。
ありがとう。

9C85B75D-BE10-454F-9E21-B74ABB54590D.jpgおきょんちゃんとはよくあそぶ。花見いったり、花見いったり、花見いったり(笑)いっしょに演奏するのは今回2度目。だけどおきょんちゃんは私にとってお守り。安心する。あのかわいいムードで声でノラさあああん!って。やっぱり正解だった。おきょんちゃんがスタパのステージでもお守りだった。ゴン太くんで笑わせてくれた。ありがとう。ありがとう。


72BF0DE1-E49C-4436-8D7A-8D556DE0FB85.jpgみわちゃん
大阪のりそな銀行のイベントに彼女が遊びに来てものすごいテンションで感激を私にうったえた。あの天真爛漫はそのまま彼女の歌であり、それ故彼女は自分を持て余すことがある。感情が溢れてすくい取るスピードがおいつかず泣いてしまう。一度私は彼女を叱った。泣きながらボロボロ歌になっていなかった。友人としてはよしよし撫でてあげられても、音楽家としては突き放すところだ。目の前の人はあなたの歌を聴きたいからだ。涙はみたくない。泣くのは目の前の人だから。歌い手は笑いなさいと。あなたの愛するあのひとはきっとおなじことを言うからだ。ね!ありがとう。

E7CFA48D-3275-4550-AE58-37556D4B3F3B.jpgゆにちゃん
ゆにちゃんはうつくしいから、うつくしいおとをうむ。うつくしいことにはちょっとだけうつくしくないことが入ってる。それがなにかなあと私はかんがえる。今回、風の街は女性のピアノで唄いたかった。りこちゃんのかわりなんかじゃない。女同士が知ってる
さよならのしかたを

夢であいましょう

を。ありがとう。


F80673CC-11C1-4385-92AA-20982444FE6F.jpg麦ちゃん
ばくちゃん。まずありがとうが先かもしれない。ばくちゃんとの出逢いはライブカフェでの対バンだった。今回、詞集 君へ  装幀のカワグチタケシさんのイベント。まるで高校生?みたいなばくちゃんがリハーサルでギターをはじいた瞬間に私は恋に落ちました。ひと聴き惚れでした。この人は音楽のことしか考えてないんだなと執念を感じて身悶えしました。私のふなっしー好きに対してしみじみと、そんなに愛情を注ぐ対象があるなんて羨ましいとばくちゃんは言います。ないの?ときくとうんといいます。それはそうですよ、音楽の事愛しすぎだもの、他に無理だよばくちゃん!ありがとう。





2016年4月21日
吉祥寺スターパインズカフェ

詞集 君へ
ノラオンナ50ミーティング

そこにいてくださったみなさま

どこかで見守ってくださったみなさま

スタッフのみなさま

たくさんのおくりものをありがとうございました。

受け取りきれない愛情をありがとうございました。

結局わたしは
歌が好きなんです。

しあわせだったもの。

もうしばらく

しあわせでいさせてください。

ノラオンナ

65C4A856-B763-4741-BA9C-E62333958BB7.jpg248C7AB7-0D9C-4029-989A-96E2508BD6E4.jpgD8E05062-67CF-46E7-9911-2E161B7AC740.jpg5A1E1695-8412-4E3F-ADC3-4687B67CE74A.jpg5DEC55AD-B260-464A-B6E9-8A559B76D678.jpg










posted by ノラオンナ at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

港ハイライトからのお知らせ

【港ハイライトからのお知らせ】

このたび、港ハイライトのメンバーである倉谷和宏が脱退することになりました。
E47C9F6E-98C4-4E7F-8CB3-113D7FA97E71.jpg

1年半ほど前よりバンド活動にどうしても愛を持って集中できないのっぴきならない本人の個人的な事情があることが理由です。そのことにつきましては数え切れないほど話し合い、アドバイス、説得を繰り返してまいりましたがなかなか改善が見られず、私としましても彼のキャラクターと声に惚れ込みツインボーカルのパートナーとして迎え切磋琢磨してきた同志ですからそれは今でも本当に残念でなりません。

今後は彼自身の音楽への向き合いと音楽を大切にしてほしいと考えました。

彼のバンド

旭荘201

あたらしいアルバムを心待ちにしております。もともとこのバンドのファンだったのですから。

応援しています。

今回のノラオンナソロアルバムは港ハイライトがサウンドプロデュースを致しました。倉谷は「シャバダバダ」でのデュエット、タイトル曲「なんとかロマンチック」の作詞作曲の一部。このふたつで参加しました。リリース後このタイミングでの脱退につきましては正直相当悩み考えました。

港ハイライトは初めてのアルバムリリースに向けて精進致します。

迷いある船に海は厳しいものです。
ですから
毅然とまっすぐ進むために
決断致しました。

これからの港ハイライトを
どうか見守っていただけたら幸いです。
これまでの港ハイライトを応援して下さりありがとうございました。

2015年9月27日

港ハイライト

ノラオンナ
藤原マヒト
柿澤龍介

posted by ノラオンナ at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。